英対話

言葉を習うベストな方法

皆さんは言葉を習う時ってどうするのがベストだと思いますか?
  ・マンツーマンの英語講師をつけるとか
  ・英会話スクールに通うとか
  ・教材や映画で英語をひたすら聞き続けるとか
色々ありますよね。

でも、僕が考える本当にベストな方法はこういったものではありません。

それは何かと言うと、「親に習う」ことです。これを読んでいるあなたは恐らく日本語がペラペラですよね?
その日本語はどうやって習いましたか?そう、当たり前に聞こえますが、親が子供に言葉を教えるのがベストな方法なんです。

親は子供の間違った「言葉」の使い方をはっきりと直してくれますし、間違えではなくても、ニュアンスが違っていたり、相手を傷つけたりする言葉を指摘して、他人とのコミュニケーションがスムーズになるように教えてくれるんです。

言葉を習うのに親の存在は大きいのですが、例えば英語を習いたいと思っても日常生活の中で親のように英語を教えてくれる人を見つけるのはほぼ不可能です。

ではどうすればいいかと言うと、英語に限らず、キーワードは「コミュニケーション」です。
コミュニケーションには :
社会生活を営む人間の間に行われる知覚・感情・思考の伝達(広辞苑)
という意味があり、言葉を使って「伝達」する場合、それは「対話」と言われます。

正しく導いてくれる「親」がいなくても、「英語」を習う時に「英語」ではなく「英語を使った人対人の対話」に集中することで大きい効果を実感できますし、早道でもあります。

いくら正しい文法で「言葉」を話していても相手と心が通じていなければ「対話」は成立しませんし、残念ですよね。これは日本語でも英語でも一緒です。
そしてあなたは「日本語を使える」のですから、日本語を使う「対話力」は持っているんです。あとは日本語の代わりに英語を入れてあげればそれがもうあなたの「英対話力」なんです。

英語だから特別ということはありません。この英対話力さえ上手に発揮すれば英語を使ったコミュニケーションレベルは飛躍的にアップします。

ちなみに「英会話」という言葉はメジャーですが、”communication”を辞書で調べても「会話」という言葉は出てきません。そう、「英会話」を学ぶだけでは会話力があがるだけで、一番大事な英語での対話がおろそかになりがちなんですね。

「英対話力はすでにあなたの中にある。」僕はそう強く信じています。あとはそれを呼び覚まして、心で感じてあげるだけなんです!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です