英対話

必ず英語で通じる方法

日本語を使って話しをしていても自分の言いたいことを中々相手に伝えることができずに、いらいらしてしまうことってありますよね。
そういう時には自分だけではなく、話し相手もいらいらしてしまう場合が多く、余計に状況が複雑になってしまうこともあります。

日本語を使っていてもそうような状況になってしまうのですから、英語だと余計に大変だ!なんて思ってしまいます。
でも、実は話し相手に対して気持ちを必ず伝えられる方法があるんです。

それは、「伝わるまであきらめない」ってことです。

自分の気持ちが相手に伝わるまで、じっくりと相手に誠意を示し、あきらめずに伝えることを続けていれば、必ず気持ちは伝わります。ところが、多くの人は、
「伝えたいけど、面倒だからいいや!」
ってあきらめてしまうんですね。本当は伝えたいけれど、英語のせいにして、相手のせいにして、または、天気のせいにして(笑)、伝えるのをやめてしまうんです。「~だから仕方がない!」って。

ちなみに、海外の空港で自分の便がキャンセルになって日本に帰れない!なんてことになったら、こんな変な色々な言い訳なんかせずにがんばりますよね?だから、120%伝える!という気持ちがとても大事なんです。

そう、英語でうまく話しができない~っていう人の中には、「自分でコミュニケーションをあきらめてしまっている」という人が実は結構多いんです。表面的には「英語力」がないから英語が通じないよ~となっていますが、本質は、そこではなくて、どれだけ伝えたいと思っているか、なんですね。

そしてもう一つ大事なことは、例え英語を使っていて、「今は相手に自分の気持ちが伝わっていないな」と感じてもいらいらしないことです。もし自分がいらいらしてしまうと相手にもいらいらが伝わってしまい、相手もイライラしてしまいます。そうすると当然、コミュニケーションは成立しにくくなってしまうんです。

なんか気持ちが伝わりにくいなと思ったら、相手がなにを考えているか、どんな風に理解しているかを相手の立ち位置を主体にして考えてください。「分からせる!」ではなくて、「分かってもらう」と、相手の立場にたってものごとを考えると、英語でもコニュニケーションが一気にスムーズになることが多くあります。試してみてくださいね!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です