英対話

スタディーライフバランス

スタディライフバランス

皆さんは、
 
「スタディライフバランス」

という言葉を聞いたことがありますか?
 
一方で、

「ワークライフバランス」

こんな言葉は、最近メディアでよく耳にします。あまり仕事ばかりに時間を費やさないで、もっと生活を楽しむことを大事にしましょう!ということですね。

こんな風に生活を犠牲にして仕事に時間を費やしすぎるのは日本人的なものかと思いきや、米国や他の先進諸国でもけっこう問題になっているそうです。
 
ちなみに日本語で表現すると「仕事と生活の調和」だそうです。
 

確かに「仕事」と「生活」の「調和をとる」というのは、楽しい人生を送っていく上でとても大事なことだと思います。

広告

スタディライフバランスは?

一方で、先ほどの
 
「スタディライフバランス」
 

これは、「勉強と生活の調和」とも表現されています。
 

「勉強」も「仕事」と同様に「生活」とうまく調和をとりましょう、ということです。これも「なるほど~」という感じですね。

 
ところが、一方で、そもそもワークライフバランスなんて言葉は必要がない!という人もいるんです。
 

これはどういう意味かというと、そもそも「ワーク」と「ライフ」がバランス関係にならないほどに、「ワーク」が楽しいものになっているということなんです。「ワーク」=「ファン(楽しい)」だからバランスをとる必要がないんですね。こんな生き方って最高ですよね!

 
でも実際問題としては、そこまで「ワーク」を楽しむのは難しいでしょ!と思った方も多いかも知れません。

では、「勉強」はどうでしょうか?
 
例えば、「勉強」って聞いて「ワクワクする!」っていう人はあまり多くはないでしょう(笑)。

でも一般的に英語には、「一生懸命頑張って勉強するもの!」というイメージがつきまとっているんです。

だから、「英語」も「生活」と「調和」をとらないと!なんて思ってしまいがちです。

 

英語を話すのは楽しいこと!

でも、外国の人と英語を話した時のことを思い出してみてください。もしくは、そんなシーンを想像してみてください。

「英語でコミュニケーションをとるのって楽しいな!」

って感じませんか?
 
そう、本当は
「英語を使ってコミュニケーションをとる」
っていうのはとっても楽しいことなんです!
 
もし、この楽しさを思い出すことができれば、あなたの中では

「英語」=「ファン(楽しい)」

になってしまいます!そうすれば、ほかの何かとバランスをとる必要なんてなくなりますよ!
 

そんなこと言ってもそんな簡単じゃない!って思った方は、是非、英対話力発掘セミナーに遊びに来てくださいね!
きっと、英語の楽しさを思い出すことができますよ!

英対話力発掘セミナーのご案内!

☆英語を通して、あなたの楽しい世界をもっとひろげましょう!☆

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です