英対話

考えた人間になる!

考えた人間になる!

単語の記憶は簡単?!」では単語の簡単な覚え方を紹介しました。活用してみましたか?
 
でもでも!いくらがんばって単語を覚えたとしても、「英対話力」が伴わなければ覚えた単語を実際のコミュニケーションに使うことができず、努力が報われない感じがしてとっても残念なことになってしまうんです!
 
ここで「英対話力」を発揮するにはどうすればいいかという疑問がでると思いますが、それを解決する一つのアプローチが、
「人間は寝る前に考えた人間になる!」
というある種のイメージトレーニングです。
 
ちょっと専門的に表現をすると、人間は寝る直前に、考えたことが潜在意識の中にすんなりと入りやすくなる「特別無条件同化暗示感受習性」という状態になります。
 
なんか見た目難しい言葉ですが、要するに、寝る直前に「外国人と楽しそうにコミュニケーションをとっている自分」を想像してみると、その「楽しそうなイメージ」が潜在意識の中に簡単に入っていってくれるんです。
 

 

広告

寝る前のイメージトレーニングが大事

潜在意識っていうのはとても強力ですので、こんな簡単なイメージトレーニングだけでも「自分は外国人と楽しそうにコミュニケーションをとることができる!」って思えるようになり、そんな自分を引き寄せることができるんです。
 
これって言い換えると、潜在意識の中で眠っている「英対話力」をイメージトレーニングで刺激して起こしてあげていることにもなるんですね。
 
そうは言っても、こういうイメージトレーニングで「英対話力」を刺激することはできても、実際にはっきりと自覚できるレベルにまで結果を出すには何回も反復が必要ですし、やり方にも工夫が必要です。それにちょっとさぼってしまうとすぐに元の状態に戻ってしまうんですね。
 

 

実際のトレーニングで結果を出す!

どうすれば、「英対話力」を効果的に刺激をして、目覚めた状態に維持することができるかというと、やっぱり実際のトレーニングである「行動」が大事なんです。結局それが一番早く、確実で、効果があがります。
 
この「行動」とはなにか、そして、行動をするにしても「コツ」というものがあるんですが、これらを文章だけで正しくお伝えするのはとても難しいんです。私は、どうせなら、最大限の効果がでるように、できるだけきちんとお伝えしたい!と考えています。そのために定期的に「英対話力発掘セミナー」を開催しています。
 
もし気になるな~と思ったら、「英対話力発掘セミナー」に参加してみてくださいね!

英対話力発掘セミナーのご案内!

☆英語を通して、あなたの楽しい世界をもっとひろげましょう!☆

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です