英対話

会社de英語

会社de英語

しばらく前から会社での英語の公用語化が増えてきいますし、まだまだその傾向は続いているようです。社員のほとんどが日本人の会社で英語を社内公用語化することにどれほどの意味があるのか、個人的には疑問が多いのが素直なところではあります。
 
ただ、実際問題としてそんな動きが多いのは確かですし、多くの人にとって他人事ではないはずです。
 
ところであなたの会社で、「英語を公用語化する!」とか「英語のウエイトを重くする!」とか言われたらどう思いますか?
 
「嫌だなぁ」、「面倒だなぁ」とか、「私は英語できないしなぁ」って思ってしまう方が多いのではないでしょうか。
 
確かに今まで日本語でこなしてきていた業務をいきなり英語でやるとなると、その負荷はかなりのものだと思います。
 

広告

それでも、やった!

それでも、私は、そんな状況下の人に、あえて「やった!」って思って欲しいです。
 
どうしてかって?
 
それは、「成長できるチャンスがやってきた!」ってことだからです。
 
一般的に「英語」が不要だと思う方はほとんどいないはずです。多くの方が「英語を話せるようになりたい!」と願っているはずです。
 
ところが、実際問題としては、願っているだけで突然英語が話せるようになることはないわけです。とは言え、普段は仕事で忙しく、中々英語の習得に傾けるリソースは限られています。でも仕事に直結するとなれば話しは別です。場合によっては会社によるサポートも受けられますよね。
 
きっかけは外圧的かも知れませんが、こんな風に「英語」というスキルを身につけることができれば、それはそれで、すばらしいことですよね!
 
実際に「英語スキル」を身につけることであなたの世界はさらに広がります。仕事面で周りと差別化できることはもちろん、プライベートでも外国人と友達になれたり、海外旅行に行っても今までは違う経験ができたりとよいことづくしです!

なんでも楽しんだもの勝ち!

おぼえておいて欲しいのは、
「英語って、多くの人が思っているほど難しくない!」
っていうことです。
 
別にプロフェッショナルの通訳や翻訳者になるわけでもないし、もちろんネイティブレベルの英語が話せる必要があるわけでもなし。最優先されることは仕事上の「情報の共有」だったり、「意思伝達」なわけです。そこにフォーカスして、あとは実際に試してみることが大事なんです!試してみると意外と楽しいですよ!
 
ちなみに、「英語スキル」を身につける方法なんて本当にたくさんありますから、とりあえず気になったところから試してみるといいと思います。それぞれにメリットとデメリットがあったり、自分に合う合わないがありますから!
 
是非、いろんな方法のいいとこどりをして、結果を出してしまってくださいね!

あなたの英対話力を呼び覚ます「英対話力発掘セミナー」を随時開催しています!

おもしろそうって思ったら、ここからチェックしてみてください!

英対話力発掘セミナーのご案内!

☆英語を通して、あなたの楽しい世界をもっとひろげましょう!☆

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です