英対話

マクドナルドが伝わらない

マクドナルドが伝わらない

【この記事は発音は難しい?の続きです】
 
ところで、簡単な英単語に思われつつも実は外国人に通じにくいもの例えとしてよくあげられるのが
 
「マクドナルド」。
 
そう、あのハンバーガーのマクドナルドです。海外旅行や留学した時、マクドナルドを訪れると日本と同じ味が楽しめます。ちょっとホームシック気味な人にはとりわけ懐かしく感じるので、お世話になる人も多いのではないでしょうか。
 
そんな意味でもよく使われると思われる単語ですし、マクドナルド自体が日本人だけではなく、アメリカ人、いやほぼ世界中の人にとっても身近な存在ですから例としてあげられやすいのかも知れません。
 

広告

実は難しい

で、時々見かけるのが
「私の英語の発音では「マクドナルド」すら通じないのか…」
と落ち込み、
「マクドナルドすら通じない私の英語の発音は最低だ!」
と思い込みがちな人です(←ちょっと極端ですが(笑))。
 
でも、実はこの「マクドナルド」という単語、日本人にとってはとてもなじみの深い単語であるクセに、
「日本人にとって発音がめっぽう難しい!」
単語でもあることをご存知ですか?
 
英語で書くと
“McDonald’s”
ですが、実はこの単語を英語で発音すると
“Mc-Do-nald’s”
“マック”-”ダァ”-”ナルズ”
と3つの音節で発音されて、真ん中の”ダァ”に一番強いアクセントがきます。
 
一方で日本語では
Ma ku do na ru do (”マ” “ク” “ド” “ナ” “ル” “ド”)
と発音され、6つの音節からできているんです。しかも、アクセントもつけにくい感じです。
 
このように見た目はカタカナで発音がしやすそうな単語でも、実は音節やアクセントを意識しないと全く別の単語に聞こえてしまう例は沢山あります。
 
ただ単に、”McDonald’s”がその例にはまってしまっているだけなんですね。
 
もし実際の発音を聞いてみたいな!という人は、以前も紹介した以下のサイトで確認をしてみてださい!
 

 
色々な発音があっておもしろいですよね~
 

McDonald’sは言えなくても大丈夫!

 
そもそも、マクドナルドが言えなくても海外で生活はできますし、マクドナルドが嫌いな人(実は私!(笑))も一定数いる訳ですから、無理して発音を覚える必要もないので、上手く発音できなくても安心してくださいね!
 
反対に、このように難易度がちょっと高い単語の発音だけにフォーカスした結果、「自分の発音が悪い!」と思い込んでしまうと、他の英単語を発音するときにも自信がなくなってしまいます。
 
そうすると、会話をするときに英語を発音するのが怖くなってしまったりして、逆効果ですので気をつけてくださいね!
 
そう。「”McDonald’s”が通じない」=「英語の発音ができない」
ではないのです!
言われてみれば当たり前ですよね!
 
ちなみに、”McDonald’s”だけではなく、例えばMercedes-BenzやIKEA、MILOなどの固有名詞では日本語でのカタカナ発音と実際の発音が異なる場合が沢山ありますので、調べてみてください。
 

今のあなたの英語力で楽しく話しができる!「英対話力マスタープログラム体験ワークショップ」を随時開催しています!

少しでもおもしろそうって思ったら、ここからチェックしてみてください!

英対話力マスタープログラム体験ワークショップのご案内!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です