英対話

正解・不正解?

正解・不正解?

日本の教育システムでは、「正解なのか不正解なのか」それが一番重要視されてしまいます。
 
ここではそもそも教育とは…なんて話しには突入しませんが、日本の教育システムでは「試験で点数をとること」が主な目的となってしまっています。
 
もちろん、学校での英語教育も例外ではありません。
 
学校で習う「英語」には、「1つの正解」があります。そして、そこから外れた「間違った回答」に対しては毎回減点がされてしまいます。
 
テストでは100点がスタート地点で後は点数が減っていくばかり、という「減点方式」が採用されているんですね。
 
ですので、学校では、どれくらい間違えなかったか!が
「英語が上手いか下手か」
の基準になってしまうんです。
 

広告

あっていて当たり前?

私はこの「減点方式」が、多くの人にとって当たり前になりすぎてしまっていることが問題だと感じています。
 
なぜかというと、多くの方が、自分自身でも気がつかないうちに、自分が話す英語に対して、「正しいか正しくないか」の判断をしてしまっているからです。
 
残念ながら、町中の英会話スクールの多くでも状況はほぼ同じです。
「英語があっていて当たり前」
内容に少しでも間違えがあると
「あ、そこは違うよ!」
って指摘してくれる(されてしまう)んです。
 
英語が分からないから英会話スクールに通っているのだから、英語を間違えても当然ですよね。でも、このような状況では、
「英語を間違えると、まるで悪いことをした気分になってしまう」
んですね。
 
「勇気をもって何かを英語で話し、間違える度に注意される」
これでは
「英語を話すこと自体が嫌い」
になってしまっても不思議ではありません。
 
人間は他の人に「否定」をされるのがとても嫌いなんです。ですので、「自分の英語を否定」されることの1回1回は大したことが無く感じても、何回も繰り返されることによって「否定された感」が強化されてしまい、結果として他の人に英語を聞かれるのが怖くなってしまいます。
 

褒められよう!

そもそも英語は対話のツールのはずです。本来相手に聞いてもらうためのモノなのに、聞かれるのが怖いっておかしいですよね。でもそのおかしい状況が「普通」になってしまっている人が大勢いるんです。
 
私は英語を話すときには、「正しいか正しくないか」ではなくて、「通じるか通じないか」で判断をして欲しいんです。そして、他人にどう思われるかを気にしないこと。そうすれば、声が小さくなってしまったり、「英語を話すのが怖い」なんてことはなくなります。
 
そして、そのために一番効果的なのは、自分の話す英語を褒めてもらうことなんです。相手は誰でもいいんです。家族でも、パートナーでも、友人でも。もちろん、鏡に向かって自分で褒めてあげるのもありです。
 
そうすると人間は結構シンプルなので楽しくなってしまうんです!楽しくなって笑顔で英語を話すと、褒めている方ももっと嬉しくなって、もっと褒めてもらえます!
 
この楽しいループを繰り返していると、いつの間にか、楽しさのあまり他の人の評価を気にすることなんて忘れてしまうんです!
 
でももし身近な人にこんなこと恥ずかしくてお願いができなかったら、是非、英対話力マスタープログラムの体験ワークショップに来てみてください。参加者同士でお友達になって、思い切り褒めあっちゃいましょう!

今のあなたの英語力で楽しく話しができる!「英対話力マスタープログラム体験ワークショップ」を随時開催しています!

少しでもおもしろそうって思ったら、ここからチェックしてみてください!

英対話力マスタープログラム体験ワークショップのご案内!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です