目的, 英対話

英語の続け方

英語の続け方

英会話を始めるのは比較的簡単にできるけど、それを継続して続けるのが大変なんです!なんてよく聞きますよね。
 
これを解決する方法はいろいろありますが、その一つは目標の設定の仕方なんです。
 
英語を学ぶというのは、ある意味、長距離走と例えると分かりやすいんです。
 
例えば、長距離走を走る時、距離も時間も決めず、ただひたすら頑張って走り続けなさいと言われたらとてもつらいですよね。
 
走る距離が1.5kmなのか、10kmなのか、フルマラソンの42.195kmなのか。それとも1時間走り続ければいいのか。
 

でも、あなたが「英語の勉強を始めるとき」、または、「英語の勉強をしているとき」、ただひたすらがんばってやり続けないと!って思っていませんか?
 
人間は、自分の未来が予想できず、これから先何が起きるのか見当がつかないと、とてつもなく不安を感じてしまうんです。
 
長距離走で言えば:
  距離が決まっているなら、そこまでは歩いてでもたどり着こうと思う。
 
  時間が決まっているならゆっくりでもいいので、その時間までは耐えようと思う。
 
そう、プロセスに終わりが決まっていると頑張れるんですね。フルマラソンの42.195kmだって、歩けば、時間さえ気にしなければ普通の人でもなんとかなります。
 
ただ、プロセスに終わりが決まっていないと「走る」ことが目標となってしまいます。普通の人にとって「走ることはつらいこと」です(好きな人も多いですが!)。
 
それなのに、そのつらいことが目標となるのは本当に心理的にきついんですね。
 
英語についでも同様で、英語の勉強をしている方は、「走れるだけ走る!」という勢いで英語に取り組んでいる方が多いように感じます。「英語を勉強する」ことが目標になってしまっている方が本当に多いんです。
 
英語が好きな人は「学ぶこと」が目標になっても、そもそもそのプロセス自体を楽しんでいるのでまったく問題がありません。でも、英語につらさを感じている人の場合、そのつらいプロセスが目標になってしまうのはかなりきついです。
 

広告

焦らずに一歩一歩

ではどうすればいいか。まずは目標を決めましょう。その目標もできるだけ具体的で、簡単に達成できるものがいいんです。
 
もちろん、大きな夢を持つこともいいことです。でも目標って達成できると嬉しいですよね?大きすぎる夢は達成に時間がかかり、達成感が得られないので、途中で疲れてしまうんです。
 
なので、大きな夢はそのままに、その夢に向かって小さな目標を積み重ねていくようにプランを練ってみてください!一歩一歩は小さく具体的に、確実に。
 
でもその一歩がなければ二歩目もないんです。焦らずにじっくりいきましょう!

「英対話力マスタープログラム体験ワークショップ」随時開催中

詳細はここからチェック!
英対話力マスタープログラム体験ワークショップのご案内!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です