楽しい, 英対話

対話っていいよ!

よく「英対話」って「英会話」同じじゃないんですか?
って聞かれます。
 
確かに漢字も音もなんとなく似ていますが、実はまったく違うものなんです。
 
簡単に表現すると、
「会話というのは表面的なコミュニケーション」で、
「対話というのは内面的なコミュニケーション」
と言うことができます。
 

心でつながろう!

「表面的なコミュニケーション」というのは、情報の交換みたいな相手が誰であっても関係がないものですし、
「内面的なコミュニケーション」というのは、目の前にいる「その人」と心と心でつながるものなんです
 
目の前の人と対話を続けて行くと、自分と相手との間にある壁を自然と乗り越えて、お互いが持っている価値観を伝達することができます。
 
では、どのようにして「内面的なコミュニケーション」である対話をするかというと、一番大事なことは、「軸」を自分ではなくて相手にもって行く、と言うことです。
そのためには、相手を想うという気持ちがとても大事になってきます。
言葉が英語だろうと日本語だろうと関係はありません。ただ単に発声するだけではなく、向き合うこと
 
実践をするのが一番の早道です。毎日の日常の中で何気ない会話をしている相手に対して、ちょっといつもとは違う気持ちで話しかけてみてください。
 

広告

対話では笑顔がこぼれます

最初から無理をする必要はありません。少しずつを意識して積み上げていくことで、いつの間にか、無意識で対話ができるようになっているはずです
 
昨今はビジネスにしても人が一人で出来ることには限界があり、チームで周りを巻き込んでいくスタイルが主体となっています。そういったときには会話力ではなくて対話力が求められます。
 
また、ビジネスだけではなく、「内面的なコミュニケーション」というのは成立すると対話をしている双方でとても嬉しく感じるものです。そうすると友人も増えるし、親友や恋人もいつの間にかできていた!そんなことになるかも知れませんよ!

「英対話力マスタープログラム体験ワークショップ」随時開催中

詳細はここからチェック!
英対話力マスタープログラム体験ワークショップのご案内!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です