コツ

やらなければいいんじゃない?

「勉強しなさい!」って言われて
 
「やった!」って喜ぶ人ってあまりいないですよね。
 
でも
「英語を話せるようになりたい!」
って思っていると
 
自分自身に
「英語の勉強しないと駄目だぞ!」
 
って自分で言い聞かせていたりしませんか?
 
自分の嫌いなことを自分自身に言うってかなりきついですよね。逃げ道もつくりづらいですし。
 
それに、嫌なことって中々始められませんし、始められたとしても効果もいまひとつだったり…。
 
もちろん、長続きさせるのも大変で、いつの間にか中断してしまったりすることもありますよね。
 

やりたくないことをやるのは大変

でもふとしたきっかけで、
「やっぱり英語を話せるようにはなりたいから」
 
と、今度こそはって頑張って勉強を始めるけど、一生懸命頑張っても中々効果が実感できない。
 
それでまた心が折れてしまっていつの間にか中断してしまったり…でもまた今度こそは…
 
そんな苦しいループを繰り返している方って実は結構いらっしゃるんです。
 
そんな頑張る方にお伝えしたいこと。それは、
 
「やりたくないことはやらない、って選択肢を持つこと」
 
なんです。
 
あなたの頑張っている英語の勉強、本当にあなたが必要としていることですか?
 
もしあなたが「英語の勉強をやりたくない」って思っているとしたら、
 
それは、実は「英語の勉強」はあなたにとってそんなに重要じゃないのかも知れません。
 
実は他にもっとやりたいことがあるからかも知れません。
 
もちろん、中学生や高校生といった学生のうちはどうしてもやりたくなくてもやらなければいけないことが沢山あります。
 
でも一度社会にでれば、選択肢は沢山あります。
 
例えば一口に「英語を勉強する」と言っても、色々です。
 
英会話学校に通ったり資格試験に挑戦するだけでなく、英語の絵本を読んでみたり、外人の集まるバーに行ってコミュニケーションをしてみたり、近所の英語サークルに参加してみたり、英語の朝活に参加してみたり、本当に沢山の方法があるんです。
 
そんなことを突然言われてもどうすればいいのかよく分からないですよね?
 
だったら、先ずはノートや紙を用意してください。
 

広告

書くと色々良いことがあります!

そしてその半分に英語に関する「自分がやりたくないこと・つまらないこと」をひたすら書いていってみて下さい。
 
10~15分間ほど、できるだけ頭では考えないで、思いつくがままにどんどん書けるだけ書いていってください。
 
そうしたら次に、英語に関する「自分がやりたいこと・楽しそうなこと」をひたすら書いて行きます。
 
これも同じように10~15分間ほどかけて、できるだけ沢山書いていってください。
 
自分が楽しいな、と感じることができるものであれば何でもいいです。些細なことでも、大きな夢みたいなことでもなんでも、です。
 
初めてやってみると、あまり書き出せないかも知れませんが、すこし時間をあけて何回かやってみてください。
 
そうするとだんだん多くのことを書き出せるようになるはずです。
 
そして、自分が書いた英語に関する「自分がやりたいこと・楽しそうなこと」をじっくりと眺めてみるんです。
 
そうすると多くの場合、「自分がやりたいこと・楽しそうなこと」に共通点が見つかるんです!
 
この共通点をベースにして考えると、自分がどうすれば英語を楽しむことができるかがわかり、そのための方法がみつかりやすいんです!
 
是非試してみてくださいね!

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です