心理作戦, 英対話

英語を話せるようになったら…?Part 2

こんにちは!英対話トレーナーの大井明彦です。
 
英語を話せるようになったら…?Part 1では、
「あなたの英語に関連する目標」
について説明をしました。
 
ただ、最後に書いたのですが、
 
「あなたの英語に関連する目標」=「英語を話せる」
 
ということなのか、ということに気をつけて欲しいんです。
 
こう書くだけでは中々分かりづらいと思うので、具体的な例をあげて説明します。
 

英語を話すことができたら!?

例えば
「英語をペラペラに話すことができるようになったら、外国人の友達を作って異文化交流したい!」
と思っているAさんがいるとします。
 
これ、一見とってもいい目標ですよね!
 
確かに英語を話すことができれば、Aさんは外国人の友達も作りやすいはずです。
 
でも、もし、です。
 
Aさんが、普段から日本人の友達も余りいない人だったらどうでしょうか?
 
この場合、
パターン1:「別に友達沢山いなくても全く問題ないし!」

パターン2:「本当は友達欲しいけど、作り方が分からなくて、いつも一人ぼっち」
の2パターンが考えられます。
 
パターン1の場合、Aさんは、友達を作ろうと思えば作れるかも知れないけれど、そもそも友達が欲しくないと思っているんです。
また、
パターン2の場合、Aさんはコミュニケーションスキル等に苦労をしていて、友達を作ろうと思っても思うように仲のよい友達を作れないんです。
 
パターン1、2のどちらの状況だとしても、こんなAさんが
「英語をペラペラに話すことができるようになったら、外国人の友達を作って異文化交流したい!」
という目標を持っている場合、果たして
「英語を話せるようになる」
だけで、この目標を実現できると思いますか?
 

広告

目標を実現するために

パターン1の場合であれば、Aさんは友達を作ろうと思えば作れるので、英語を使って外国人の友達を作れる可能性は高いです。
 
でも、Aさんはあまり友達とワイワイ騒ぐタイプではないので、もし英語が話せるようになったとしても、外国人の友達でもそんなに欲しいと思わないんじゃないでしょうか?
 
また、パターン2の場合には、そもそもAさんは友達を作るスキルに問題を抱えている可能性が高いんです。
 
そうだとすると、いくら英語が話せるようになったとしても、外国人の友達を作ることは難しい可能性が高いです。コミュニケーションスキルが主な問題だからです。
 
こんな風に、一概に
「英語をペラペラに話すことができるようになったら、外国人の友達を作って異文化交流したい!」
なんて思ったとしても、ただ単に「英語」がその目標を実現してくれるかは分からないんですね。
 
多くの人は、あまり深く考えないで
「英語を話せるようになりたい!」
と望み、
「英語を話せるようになれば」
英語と関係がないことでもどんどん問題が解決されていくとなんとなく思い込んでしまいがちなんです!
 
これを読んでいるあなたも、
「英語を話せる」
ようになったら、どんな自分になれるのかを具体的に想像してみてくださいね!
 
でも、正直自分のことって自分で考えるのは難しいんです。
 
そんな時は、だれか友達に相談してみてくださいね!
 
この記事は英語を話せるようになったら…?Part 1の続きです。

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です