友達, 英対話

「友達になる」の意味Part 2

こんにちは!英対話トレーナーの大井明彦です。
 
さて、「友達になる」の意味Part 1では、
 
私が「外国の人と友達になりましょう!」と言う場合、それは
 
「相手の人と、その状況に応じて信頼関係を築きましょう!」
 
ということである、ということを説明しました。
 
そして、会話では信頼関係を築けないので、結果として、相手の人と「友達」や「友人」になることは難しいんです。
 
反対に、対話によって信頼関係が生まれると、真の意味でのコミュニケーションが成立し、結果として、相手の人と「友達」や「友人」になれる、ってことです。
 
ということで、大事なのは「対話」なんです。
 

キーは対話によるコミュニケーション

でも、
「相手の人と、その状況に応じて信頼関係を築きましょう!」
と言っても、シチュエーションに応じてその深さは様々です。
 
誰かと対面した時、その状況に応じた深さの信頼関係を作ってコミュニケーションを生み出すのが「対話」と言えます。
 
「信頼関係の深さを調整してコミュニケーションをする」なんて聞くと難しく感じますか?
 
でも皆さんだって、必要とされる信頼関係を無意識の内に察知することで、適切なコミュニケーションを日常的にしているんです!
 
道端で道案内を頼まれたときに必要となる信頼関係の深さと、タクシーに乗った時に運転手さんと会話をする時に必要となる深さとでは、差がありますよね。
 
また、会社の同僚とのコミュニケーションに必要とされる信頼関係の深さと、クライアントとのコミュニケーションに必要とされる信頼関係の深さとでは、差があります。
 
そして、私の言う
「外国の人と友達になりましょう!」
とは、使う言語が日本語であるか英語であるかは関係なく、
 
「自分と相手との間に少しでも信頼関係を築きましょう!」
ということなんです。
 
信頼関係が構築されていれば、多少英語が不自由であっても、コミュニケーションは自然と円滑になるんです!
 

広告

ビジネスでも重要です

例えば、海外から外人のクライアントや上司がやってきた場合、英語が多少話せなくてもいいんです!
 
先ずは、臆することなく相手の目を見つめ、堂々とした態度と笑顔で握手して、大きな声であいさつをしましょう!
 
それだけでも最低限の信頼関係が築けるんです。
 
別に滑らかな英語でなくてもいいんです。
「あなたを大歓迎しています!」
「あなたにお伝えしたいことがあります!」
という気持ちを前面に持ってきて、それをあらゆる手段を使って表現し、相手に伝えればいいんです!
 
このようして信頼関係を築いた上で商談なり、プレゼンなりに入ってください。
 
そうすれば、例え英語は下手でも、通訳を介していたとしても、そこでの意思の疎通はかなり滑らかになりますよ!
 
さあ、あなたも私と一緒に
「外国の人と友達になりませんか?」

Pocket

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です