楽しい, 英会話, 英語のコツ

英会話のコツ

よく「英会話が上手になるコツ」ってありますか?って聞かれます。

確かに、「英会話が上手になるコツ」「英語が話せるようになるコツ」がわかれば、いいですよね。

今日は、それを考えるために、まず「会話」について考えてみましょう。
 

少々大まかですが簡単に表現すると、「会話」には「表面的なコミュニケーション」と「内面的なコミュニケーション」がありますね。「表面的なコミュニケーション」というのは、「情報交換」みたいなもので極端に言えば相手が誰であってもよいものです。「内面的なコミュニケーション」というのは、目の前にいる「その人」と心と心でつながるものです。目の前の人と心と心で話しを続けて行くと、自分と相手の間にある壁が次第に低くなり、いつしか壁がなくなり、お互いが持っている価値観を共有したり、伝達したりすることができるようになります。
 

心でつながろう!

 
では、どのようにして「内面的なコミュニケーション」の会話をするかというと、一番大事なことは、「軸」を自分ではなくて相手にもって行く、と言うことです。自分のことだけを話すのではなく、相手の話を聞く、ということですね。

そのためにも、「相手を想う」「相手を思いやる」という気持ちがとても大事になってきます。これは、言葉が英語だろうと日本語だろうと違いはありません。実際、お互い日本語がネイティブとして話せても、「あの人とは話にならない」という場合もありますよね。それを考えてみても、いかに相手のことを考えて話すか、(聞くか)というのが大切かがお分かり頂けるかと思います。

言葉を習得する上で、この「相手の事を考える」というのが、とても大事になってくるのです。英語に限らず、言葉が上手に話せないからと、相手のことを考えず、相手の都合を考えず、相手の気持ちを考えずに話をしたら、「会話」がうまくいくはずがありませんよね。今まで、「話す」ことに夢中で、相手のことまで考えていなかった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まずは、日常の中で、何気ない会話をしている相手に対して、ちょっといつもとは違う気持ちで話しかけてみてください。それを英会話でも是非実践してみてください。大切なのは「うまく、間違いがなく話す」ことではなく、「相手と話をする」ことです。この基本的なことができるようになると、英会話も少しずつでも上達していきます。ぜひ試してみてくださいね。
 

 

READ  英語はスポーツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です