パコ・サエスコーチ(Paco Saez)


Paco saez(パコ・サエス/パコ・スアエス)
1966.3.8生まれ
 
現役選手時代には1980-1985シーズンの5年間アトレティコマドリッドトップチームでプレー経験がある。
 
指導者としては、欧州での最高レベルの指導者ライセンスであるレベル3を取得(日本のS級ライセンス)しており、スペインでも著名な指導者の一人として知られている。
特に10年以上にわたってアトレティコマドリッドのユースチームで監督をしており、スペインU-15リーグで2年間連続して無敗優勝を達成するという偉業を成し遂げている。
 

 
その間には、フェルナンド・トーレス(Fernando Torres・元スペイン代表、アトレティコマドリード所属)や、コケ(Koke)ことホルヘ・レスレクシオン(orge Resurrección Merodio・スペイン代表、アトレティコマドリード所属)といった数多くの有名選手を輩出している。
 

また、U-16スペイン代表チームでも10年以上にわたって監督に就いており、U-16ワールドカップでチームを準優勝に導いている。
 

 
2006年より現在に至るまでマドリードサッカー協会に所属しており、近年は主に指導者を対象としたインストラターとして指導活動をしている。
 

 
活動範囲はスペイン国内に限られず、米国やフランス等多くの国々で講習等を行っている。スカウティングプログラムなどにおいても活動をしており、有望な選手の発掘育成に努めている
 
日本にも数回来日しており、その際には大学生や小学生などを対象としたクリニックや指導者を対象とした講習等を数多く開催している。
 
主な経歴:
2011-2012 アトレティコマドリッド U-15 イベルカップ優勝
2012-2013 アトレティコマドリッド U-15 リーグ優勝
2013-2014 アトレティコマドリッド U-15 リーグ優勝(2年連続無敗優勝!)
2014-2015 アトレティコマドリッド U-16 オビエドカップ優勝
U-16スペイン代表ワールドカップ準優勝
アトレティコマドリッド U-15 リーグ優勝
アトレティコマドリッド U-16 コカコーラ杯優勝
2013-2016 アトレティコマドリッド スカウト部門所属
2014年8月 東京、大阪、横浜にてクリニックを開催
2015年8月 東京、愛知にてクリニック・講習会を開催
2006-2016 マドリードサッカー協会上級指導者(戦術およびゲームシステム)
2017年12月 アスレチックトレーナーの祐森琢矢と共に、アメリカでクリニックキャンプを実施